LTE【Long Term Evolution】とは

LTE【Long Term Evolution】とは携帯電話の通信規格のことです。

第3世代(3G)の通信システムの次の世代の通信システム。
世界的には第4世代(4G)として扱われる。

厳密には、LTEは3Gと4Gの中間技術で、3.9Gと呼ばれているが国際電気通信連合(ITU)がLTEとWiMAXについて4Gという名称を使用することを認めています。
日本のキャリアではSoftBankが4Gと呼んでいます。


LTEには「FDD」と「TDD」(TD-LTE)と呼ばれる2つの方式が採用されています。
日本ではFDDが主流で、携帯キャリアもこの方式を採用しています。一方TDDはソフトバンク系列のWireless City Planning(WCP):旧WILLCOMが完全互換の通信方式を採用しており「SoftBank 4G」としてサービスを開始しています。

この2つの方式の違いは大きい
 

  • FDDは音声通信を利用を前提とし、TDDはデータ通信を利用を前提にしている。

FDDは電話はお互いの音声の双方向通信を行っており発信(上りリンク)と受信(下りリンク)の2つの周波数帯を必要とする。これに対してTDDは発信(上りリンク)と受信(下りリンク)を跨いで行うことができデータの送受信状況に応じた通信が実行できる。

NTT DoCoMoが採用しているWiMAX(ワイマックス)はLTEとは技術的に異なる通信規格を採用している。
複信方式はTDDを採用していますが、日本では2.5GHz帯を携帯事業、3.5GHz帯を放送事業、5.8GHz帯を気象レーダーが使用しているがMobile WiMAXにおいて速度、伝達距離が次世代技術と3Gの中間に位置しエリアの拡大に影響が懸念される。

LTEサービス提供:「NTT DoCoMo Xi(クロッシィ)」

サポートデータ

               
カテゴリーアーカイブ