ブラシ

パターンを作成する方法 (Illustrator CS6)
パターンを作成する方法 (Illustrator CS6)
  • パターンについて
    • パターンとは、繰り返し使用できるパスや複合パス、またはテキストのことで、Illustrator には、スウォッチパネルおよびスウォッチライブラリにあらかじめいくつか用意されています。
      同じパターンで指定した範囲を埋めつくしたり、パス上に同じパターンを複数配置することで、ファイルサイズを抑えることができます。

  • パターンの種類
    • パターンには、オブジェクトを塗りつぶすための「塗りパターン」と、ブラシパネルでパスに適用する「ブラシパターン」の 2 種類があります。

 

  1.  パターンの作成
    1. Illustrator 内のプリセットフォルダなどに格納されている既存のパターンを使用することができるほか、Illustrator のツールを使って自分で作成することもできます。
       
  2. 塗りパターンの作成
    1. Illustrator を起動し、パターンとして定義するアートワークを作成するか、既存のファイルを開くなどして、アートワークを用意します。
       
    2. ウィンドウ/スウォッチ を選択してスウォッチパネルを表示します。
       
    3. 以下のいずれかの操作を行い、アートワークをパターンとしてスウォッチパネルに追加します。
      • オブジェクト/パターン/パターンの作成 を選択します。
         
      • 選択ツールでアートワークを選択し、スウォッチパネルにドラッグします。
         
    4. 以下のウィンドウが表示された場合は、「OK」をクリックします。
       
    5. 作成したパターンは、パターンオプションパネルで編集することができます。
      ※ パターンオプションパネルは ウィンドウ/パターンオプション から表示します。
       
  3. ブラシパターンの作成
    1. Illustrator を起動し、パターンとして定義するアートワークを作成するか、既存のファイルを開くなどして、アートワークを用意します。
       
    2. ウィンドウ/スブラシ を選択してブラシパネルを表示します。
       
    3. 選択ツールでアートワークを選択し、ブラシパネルにドラッグします。
       
    4. 新規ブラシ ウィンドウから「パターンブラシ」を選択します。
       
    5. パターンブラシオプション ダイアログボックスでブラシのオプションを設定し、「OK」をクリックします。
      ※ コーナータイルを使用すると、ブラシパターンを適用したパスのコーナー部分に特別なパターンを追加できます。コーナータイルは最初から作成することも、ブラシパターンのサイドタイルを利用して相補的な外角タイルと内角タイル(-135 度でリフレクト)を作成することもできます。
       
    6. ブラシパネルに追加されます。


 

カテゴリーアーカイブ
タグクラウド

ATOMを購読